革のお手入れ方法

革の手入れは、製品や革の素材の種類、ご使用状況やその頻度等により対処法が異なります。
革によっては、手入れ方法の選択を誤るとシミや色落ち、傷などをつけてしまうことがあるため十分な注意が必要です。革靴用のツヤ出し用品など用途の違ったものをそのまま鞄や小物に転用しないでください。革に必要な通気性を損なったり、着色クリームなどは衣服への色移りの恐れもあるためです。
お手入れの際には、その製品の革の種類にあった革専用クリーム・手入れ用品をお使いください。 その取扱方法をよく読まれたうえで、最初に製品の目立たない箇所でお試し下さい。

☆普段のお手入れ方法

柔らかめのブラシでブラッシングしてホコリを取り除いた後に、乾いた柔らかい布で乾拭きをしてください。
革には、無数の毛穴があり、そこに塵や埃・汚れなどが入り込みます。汚れを溜め込まないように、まめに汚れを落としましょう。
又、皮革にとっては油は栄養分です。時々、革に必要な栄養分(専用クリームやオイル)で磨けば、表面にツヤ感を与えしなやかさを保ちます。その後は、風通しの良い所で保存してください。
※お手入用品に関しましては、革の材質や加工法に合ったものを使用して下さい。シミや色落ち、傷などつけてしまう危険性もありますので、最初に製品の目立たない箇所でお試しなってからご使用下さい。

☆軽い汚れを落とす方法

軽い汚れであれば、消しゴムタイプの専用クリーナーのご利用がオススメです。
クリーナーで汚れた部分を少しづつこすって落として下さい。この際、クリーナーでこすり過ぎると革の色落ちを起こしたり、革を傷めてしまうので気をつけてください。
消しゴムタイプで落とせない位の汚れの場合は、乳化性のクリーナーを利用します。
革に直接塗るとシミになりやすいので、柔らかい布にクリーナーをよく馴染ませて全体を一気に拭き上げます。その後、クリーナーを拭き取る様に軽く空拭きをします。
※革によっては使用出来ない場合もございますので、最初に製品の目立たない箇所でお試しなってからご使用下さい。

☆皮革が濡れてしまった場合の対処

革が濡れてしまった時は、乾いた柔らかい布で軽く押したたくように水分を拭きとり、その後、形を整えて風通しのよい所で陰干しをしてください。
劣化や変質・変形等の原因となりますので、ドライヤー、ストーブ、スチームアイロン等、高温での乾燥や直射日光による方法はおやめ下さい。
革に必要な水分が乾燥と同時に抜けていってしまいます。完全に乾いていることをご確認の上で、革に適度な栄養分(専用クリームやオイルでのケア)の補給を行ってください。

☆皮革のカビにご注意!

汚れや高温・多湿などの要素が揃いますとカビが繁殖しやすくなりますので、製品を使用しないときは、風通しの良い涼しい場所で保管して下さい。
カビは発生してからでは、カビが革の組織に深く入り込みきれいに取り除くことが出来ませんのでご注意ください。